全身の毛が濃い目で毛深い

全身の毛が濃い目で毛深いです。家系的にも濃いんだと思います。
すぐ毛が伸びてきてしまうので、毎日のかみそりでの処理は怠ることはできません。ただ、剃っても剃っても生えてきてしまうので時たま処理が追いつかず毛が伸び放題になってしまっている時もあります。
そういう時に鍵ってそのことを忘れてしまって半袖を着て出かけてしまい、1人恥ずかしい思いをしたこともありました。
私の場合剃っても短く毛が残ってしまい、いわゆる黒い剃り跡が残ってしまいます。せっかく処理をしてもいまいち綺麗にみえないので、正直嫌に思います。半袖などの肌が多く出る服装になる時は気合いを入れて、丁寧にムダ毛処理を行いますが自信を持って肌を出すことができません。
また、触ってみると毛がチクチクして気持ち悪いんです。毛深いうえに毛の1本1本が濃いのでただの産毛を触るよりも不快感を感じます。
放っておくとすぐ毛が伸びてきて、スネは男性と見間違える位に立派なムダ毛が生えてくるのです。見た目にも汚らしいですし、友達にも彼氏にもこんな毛むくじゃらのスネは見られたくありませんね。
毛が薄い友達は毛が生えていたとしてもあまり目立っていなくて本当にうらやましい限りです。毛自体が細いみたいで、生えていても全く気にならないレベルなんですよ。
そういう体質に生まれたかったなあ・・・とつい思ってしまいます。
私ぐらいになると、脱毛に通うしかないんじゃないかなと思うのです。ただ、安いところがあればいいのになーって思います。レーザー脱毛って、脇だけだと安いイメージがあるのですが、全身というか、他の部分も脱毛しようと思えば、結構お金がかかりそうですもんね。

このサイト(http://xn--6btw5a6uf91bjfz.com/)だと地元宮崎市の脱毛サロンと医療レーザー脱毛できるクリニックの情報が載ってるので、かなり参考になります!

 

不妊治療とヨガ

結婚して1年が経ち、そろそろ子供を授かりたいと主人と話す機会が増えてきたのですが、想像とは裏腹になかなか妊娠することが出来ませんでした。
今は、妊娠を意識し始めて1年妊娠しなければ不妊といわれる時代です。子作りを始めて半年が経っても妊娠する気配を全く感じなかった私は次第に不安になってきました。
もしかしたら、私の身体に病気があり不妊の原因があるのではないか、それともタイミングがよくないのか、はたまた主人との相性が良くないのか等、様々な不安を抱え子作りが次第にストレスになっていました。

そこで、あと半年間で妊娠しなければ不妊治療をしようと決め、自分なりに勉強し妊娠活動をスタートさせました。
基礎体温を測ったり、妊婦さんに必要な栄養素を含む食材を使って食事を作ったりしましたが、即効性がなかったため妊娠活動を見直し、冷え性とストレス改善のためヨガを始めることにしました。ヨガレッスンを探していた頃、ちょうど自宅近くに個人でヨガスタジオを開いている方を見つけ、レッスン料が1回1500円と良心的な価格であったため、即入会しました。習い事を始める条件として、自宅近くであることと良心的な価格でないと通い続けることが出来ないと思っていたので大変ありがたい出会いでした。

ヨガを始めてすぐの頃は、身体が非常に硬く先生のようなポーズをとることは出来ませんでしたが、お風呂上りに柔軟をしたり、youtubeでヨガの動画を見ながらポーズをとったりや呼吸法を続けていたところ、少しづつ身体が柔軟になっていきました。ヨガでは呼吸法が大変重要で、細く長く息を吐くように言われています。この呼吸法により身体の中から熱を感じ、血の巡りが良くなって冷え性を改善することが出来ました。

そして、身体が硬いのに無理な姿勢をとって足がつることが多々あり、そういう時に先生は必ず「無理をしないこと。身体の声に耳を傾け、身体が気持ちいいと感じるところで止めること。」と仰っていました。
そういうヨガの考え方を学び、「身体と心が疲れているのに無理に妊娠活動をするのはやめよう。今は、主人と2人の時間を大切にしよう。」という気持ちが芽生えたところ、妊娠が発覚しました。
ヨガを始めたおかげで、身体だけでなく心の凝りもとることが出来、妊娠することが出来たと思います。

無事に出産を終え、娘が幼稚園に通い出したのでまたヨガ教室に通いたいと考えています。
妊娠前に通ったヨガ教室は今はもうされていないので、新しいヨガスタジオを探しています。
このサイト(ヨガ教室大阪)に載ってあるヨガスタジオは店舗数が多く通いやすそうです。
店舗は梅田駅・難波駅・天王寺駅・扇町駅・高槻市駅・堺東駅・江坂駅・茨木市駅・大阪上本町駅・布施駅・吹田駅・大阪モノレール大日駅・近鉄八尾駅にと大阪でもたくさんあるんですね~。
身体のために通ってみると、何か良いことが起きるかも?

学生時代に学生ローンでピンチを脱出!

私は今も銀行のカードローンなどを利用していますが、初めてお金を無担保で借りたのは大学時代の学生ローンでした。プロミスという会社から借りました。

詳しくはこちらから・・・学生でも借りれるカードローン

当時はアルバイトもしていたのですが、遊びで出ていくお金も多く、四苦八苦していました。そんな中、サークル活動関係の出費でどうしても3万円入り用になり、どうしようもなく思っていました。

親は失業したばかりで学費の免除を受けているような状態だったので、親に借りることは出来ず、友人に借りるのもなんだか気が引けていました。学生時代の3万円というのはなかなかに大金でした。

そこで、インターネットでいろいろ調べた結果、学生ローンの存在を知りました。そして、店舗が近くになくとも、電話とインターネット上のやり取りだけで借り入れができるということで、利用することにしました。

申し込んだ後のやり取りなどを今振り返ってみると、銀行などとは違いフランクな感じのオペレーターが対応していた気がします。銀行のカードローンなどと同様に在籍確認はありました。つまり、働いていない状態で借り入れするのは難しいということです。

3万円を借り入れた私は、次の月のバイト代でそのまま全額返済をしました。借入限度額は10万円あったので、その後、何かとピンチのときにはお世話になりました。

金利については学生だからといって安いということはありません。普通に利息制限法の上限近くで取られます。総量規制も適用されるので、月のバイト代が5万円(年収60万)程度ならば、当然年収三分の一までしか借りられませんので、最大限に借りても20万円ということになります。

私も月のバイト代を5万として申告しましたが、枠は10万円まででした。それほどギリギリの貸付はしていない印象です。

卒業と同時にローンは完済し、今は利用していませんが、社会人になってもそのまま利用できるケースも多いそうです。

基本的に社会人になった後の無担保ローンというのは、銀行系が金利の面で優遇されており、わざわざ学生ローンを引き継いで利用する必要はないのかもしれませんね。

もちろん、困った時のためにある程度備えておくのは大切なことなのかもしれませんが、学生の時間というのも貴重です。

無理をしてバイトを増やしたり、危ないバイト(夜の仕事)などをするぐらいであれば、しっかり返済計画を立てて学生ローンを利用するのも有用な手段だとは思います。

とっても面倒なうなじを脱毛したいです。

私が体の中で最も脱毛したいところは、うなじです。もともと、人より毛深い体であることは自覚しておりますが、当然ながらうなじにも(手入れせずにいれば)かなり濃い毛が生えてきます。それも、自分ではわからないのですが、ちょっと渦を巻いたような感じで生えてくるらしいです。

若かりし頃、毛深い体が嫌でムダ毛の自己処理に励んでいましたが、うなじだけはノーチェックでした。あるとき親に、「うなじもちょっと気を付けて処理した方がいいかも・・・」と言われてしまい、合わせ鏡で見てみると、想像もしていなかった濃い毛が生えていて、びっくりしてしまいました。

今までこんな状態で、平気で髪をアップにして人前に出ていたのか!と恥ずかしくなり、うなじの毛の処理をすることにしたのですが、いざやってみるとこれが予想以上に難しいのです。いつもカミソリで自己処理をするのですが、うっかりすると襟足まで剃ってしまい、みっともないことになります。今はだいぶ加減がわかっていますが、慣れない当初は不自然な状態だったこともよくあったらしく、人に時々注意されました。

しかも、困っているのはそれだけではなく、カミソリで何度も自己処理をしているうちに、肌が荒れてきてしまったのです。肌荒れが怖くてあまり頻繁に剃らないようにしてはいたのですが、それでもこの箇所は体の中でも肌が弱い部分だったらしく、気が付くと肌質がザラザラしてきてしまいました。

困ってしまい、お風呂上りに乳液などで保湿してみたり、工夫してみると、一時的には良くなったように思えるのですが、それでもまた自己処理をすれば元通りの肌になってしまいます。いっそ永久脱毛でもできれば、肌荒れの悩みからも解放されていいな・・・とよく考えるようになりました。

今のエステや医療脱毛(⇒※レーザー脱毛仙台)では、極力肌に負担をかけないように脱毛できると言います。いっそそういうところでうなじをきれいにしてもらい、ムダ毛からも、肌荒れの悩みからも一気に解放されたいです。

卒業論文の資料集めに本当にお金がかかりました。

学生時代、アルバイトをして生活費や交通費の足しにしていました。

親も学業に必要なものがあればお金を援助してくれましたし、本当に困ることはそれほどありませんでしたが、3回生になり卒業論文を意識するころになると事情が変わってきました。膨大な資料を集めなければならなかったのですが、その資料集めが本当に大変だったのです。

私が属していたのは歴史関係の学部だったので、古い資料を集めなければならなかったのですが、古本屋などで運よく資料を見つけることができても数千円から数万円程度の高値がついていることも稀ではありませんでした。

また、資料の一部だけが欲しいときなどは図書館を主に利用していましたが、私が行っていた大学の図書館だけでは到底すべての資料を見ることはできず、都内のあちこちの図書館に出向かなければなりませんでした。

今日は国会図書館、明日は○○大学の図書館・・・と本当にあちこちの図書館に足を運んで資料集めをしたものです。それらの図書館に何度も出向くための交通費もばかになりませんでしたし、コピー代も同様です。

さらに遠方の大学に行くとなれば途中で食事などもしなければなりませんし、飲食代がかさんで困りました。親も事情をわかってくれてお金を援助してくれましたが、私立大学でもともと学費にお金がかかっているのでさらに出費をさせるのは申し訳なく、できれば自分でアルバイトをしてまかないたいと思っていました。

しかし卒業論文の提出日が近づけば近づくほど、アルバイトをする時間的、精神的余裕もなくなり、継続するのが難しかったのでついに辞めてしまいました。

幸い、学業に関する出費ということで親も理解を示してくれ、資金援助をしてくれたことで本当に助かりましたが、それでも自分が欲しいものや飲食費などは極力切り詰め、ぎりぎりの生活をするのが何カ月も続きました。

自分が好きな学問分野だったので、何とか少しでも質の良い論文を書きたいという気持ちが原動力となり、無事論文提出にまでこぎつけましたが、論文完成のための資料集めの段階が一番大変でした。

できれば国会図書館のような施設が大学の傍にあり、そこですべての資料を賄えたらいいのにな、と何度思ったかしれません。

大人になってからもお金には苦労しています。この間も愛車のヴェゼルを売りに出しました。いつまでお金に困るのでしょう。。。

※参考サイト:ヴェゼル買取

最近ゴルフをはじめました

注目

最近ゴルフをはじめました(^^)/まだまだへたっぴですが・・・楽しいので続いています♪ゴルフウェアから見える腕のムダ毛・・・ちょ~気になる!ってことで脱毛に通おうかなと。最近いろいろ調べてるんですけど、ちょっと詳しくなっちゃいました!ここで豆知識を披露しちゃいま~す!

脱毛サロンを利用し始めてから必ず言われるのが、自己処理脱毛は極力しないようにというものです。これは、自己処理脱毛をすることで、毛周期が乱れてしまうからです。毛周期というのは、毛が生えてきてから自然に抜け落ちるまでの一連のサイクルの事を言います。

大きく3工程に分かれ、成長期、休止期、退行期とあります。成長期は名前の通り、むだ毛が伸びている状態であり、この時の毛穴というのは、皮膚の奥まで伸びており、その先端には毛乳頭という、むだ毛に栄養分を送る為の組織があります。成長期が過ぎ、休止期に入ると、むだ毛が伸びるのが止まります。

毛穴も徐々に深さが浅くなり、毛乳頭からも遠ざかっていきます。この時のむだ毛は伸びもしないですが、抜けもしません。そして、休止期を過ぎて、退行期になると、更に毛穴の深さが浅くなり、毛が抜け落ちやすくなります。

ちなみに、脱毛ケアをすることで、脱毛効果があるのは、成長期のむだ毛の身となります。自己処理脱毛をすると、この毛周期のサイクルが強制的に変えられてしまい、むだ毛処理をしても、なかなか効果が出ません。

また、せっかく脱毛サロンで肌に負担をかけないようにむだ毛処理をしているところに、無理矢理毛抜きやT字カミソリなどで、肌へダメージを与えてしまうと、炎症を起こしやすく、肌への負担も大きくなるのです。

せっかく脱毛ケアを始めたのであれば、自己処理脱毛はせずに、せめて電気シェーバーで施術前に処理をするだけに留めておきましょう。