学生時代に学生ローンでピンチを脱出!

私は今も銀行のカードローンなどを利用していますが、初めてお金を無担保で借りたのは大学時代の学生ローンでした。プロミスという会社から借りました。

詳しくはこちらから・・・学生でも借りれるカードローン

当時はアルバイトもしていたのですが、遊びで出ていくお金も多く、四苦八苦していました。そんな中、サークル活動関係の出費でどうしても3万円入り用になり、どうしようもなく思っていました。

親は失業したばかりで学費の免除を受けているような状態だったので、親に借りることは出来ず、友人に借りるのもなんだか気が引けていました。学生時代の3万円というのはなかなかに大金でした。

そこで、インターネットでいろいろ調べた結果、学生ローンの存在を知りました。そして、店舗が近くになくとも、電話とインターネット上のやり取りだけで借り入れができるということで、利用することにしました。

申し込んだ後のやり取りなどを今振り返ってみると、銀行などとは違いフランクな感じのオペレーターが対応していた気がします。銀行のカードローンなどと同様に在籍確認はありました。つまり、働いていない状態で借り入れするのは難しいということです。

3万円を借り入れた私は、次の月のバイト代でそのまま全額返済をしました。借入限度額は10万円あったので、その後、何かとピンチのときにはお世話になりました。

金利については学生だからといって安いということはありません。普通に利息制限法の上限近くで取られます。総量規制も適用されるので、月のバイト代が5万円(年収60万)程度ならば、当然年収三分の一までしか借りられませんので、最大限に借りても20万円ということになります。

私も月のバイト代を5万として申告しましたが、枠は10万円まででした。それほどギリギリの貸付はしていない印象です。

卒業と同時にローンは完済し、今は利用していませんが、社会人になってもそのまま利用できるケースも多いそうです。

基本的に社会人になった後の無担保ローンというのは、銀行系が金利の面で優遇されており、わざわざ学生ローンを引き継いで利用する必要はないのかもしれませんね。

もちろん、困った時のためにある程度備えておくのは大切なことなのかもしれませんが、学生の時間というのも貴重です。

無理をしてバイトを増やしたり、危ないバイト(夜の仕事)などをするぐらいであれば、しっかり返済計画を立てて学生ローンを利用するのも有用な手段だとは思います。